FC2ブログ

WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
「やぎや」へ行く
太は試験も終わって、やっと人心地ついたようで、「よし、今度の日曜日晴れたら羊蹄山に登ろう!」と言ってくれた。その言葉に驚いたのは、私が「登ってみたいよ-」、と言っても、いつも無関心で、「登れば。僕は一生、日曜日予定がありますから。」と、つれない返事しか返ってこなかったからだ。試験も終わり、私へのサービスの気持ちをだしてくれたもよう。
うれしくて、うれしくて、張り切って山の用意をしていたのに、天気が安定せず結局断念することになってしまった。ここ最近天気がとても不安定で、キツネの嫁入りのような変な天気が続いている。
う~む、来週に持ち越しか。でも今は羊蹄山は、頭が白くなっている。このまえ初冠雪だったのだ。今週あたたくなってたぶん雪がとけたら最後のチャンスかもしれない。

それで急遽行き先を札幌に変更。
「やぎや」でランチ、はしのコーヒーで豆を買って、石山緑地で散歩。
「やぎや」は、札幌とは思えないような場所にあって、内緒にしておきたい&でも教えたい・みたいなとっておきの秘密のレストラン。ツリーハウスがあり、リャマに、ヤギ、うさぎ、ニワトリを飼い、畑をして、農的暮らしのレッスンもしている面白いお店なのだ。そして、ここのランチのスープとオープンサンドは絶品。全粒粉のパンにヤギのチーズ、ベーコン、オムレツ、どれもこれも丁寧に作られているからか、とにかくしっかり噛みたくなる。そして、ここで蘭越の知人にばったり会った。彼はそこで農的暮らしのレッスンの講師をしていたのだ。
このお店には、図書室があっておもしろい本がたくさんあるのもいい。渡辺久雄の「木地師の世界」という本を見つけ面白くてしばし読みふけた。お昼食べて、ミミーを遊ばせて、本読んで、お茶飲んで。。。すいていれば、一日こんなふうに過ごせる贅沢な場所だ。

写真は、ヤギに囲まれるミミー。ミミーは、これだけヤギに囲まれてもひるまず、じっとしていた。
それどころか、太がミミーをだっこはしていたのだけれど、ヤギとチューまでしたのだ。


ミミヤギ
スポンサーサイト



2008/09/28(日) 21:18:53 | ニセコでの生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.