FC2ブログ

WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「内なる叡智」 を信じること 内なる叡智
サイモントン療法の本の中に、
「内なる叡智」を信じること、というのが書かれている。

小さな種から、大きな樹が成長する。
すべての叡智が、たったひとつのちいさな種に宿っている。

人間にもすべての叡智、先祖の全ての叡智が、
体のひとつひとつの細胞に宿っている。

だから、細胞ひとつひとつに語りかけなさい。
そして、あなたの叡智があなたを助けていることを感じなさい。

治す力は、自分自身の内に備わっている。

R0016807_convert_20090813202059.jpg


スポンサーサイト
イワオヌプリ
さとこさん・たかはしさん、に誘われて、イワオを登る。
ずっと登りたかったのだけれど、時間だけがたって、
なんと8年ぶり。

そのときは、山登りなんてしたことないわ!
アトピーでまだ身体がつらかった頃なので、体力ないわ!
、のときだったのだけど、
「登らないと、見れない景色もあるんだよな」、
なんて思って、
ローライより一回り大きくて重い、マミヤのC220に、広
角のレンズをつけて登ったんだった。

でも、最初の階段がつらくて、
「もうやだ、降りる!」って言った記憶が蘇る。
それでも、太や友達たち数人で行ったので、
なんとかなんとか頑張って登って、
山頂へたどりついたのだった。
そして、そのときの記憶といえば、
みんなの着ている服の色と、
つらかった最初の階段と
山頂で食べたおにぎり位しか印象に残っていない。

さて、今回は?
やはり、最初の階段がやっぱりヘビー。
階段の一段一段が高く、ミミーが登れないので、
抱えながら登る。
ところが、ところが、
途中の山道の素敵なこと。
植生が羊蹄山とまったく違っている。
さとこさんが、「ジブリの映画みたいな小道じゃない?」
、と言ったのだけれど、たしかにそんなかんじもする。

ミミーも、しっぽをぴんと立たせて、お尻の穴丸見えで、
楽しそうにぴょんぴょん登っている。

イワオは硫黄の山なので、
途中から、草木は一切なくなり、
ゴツゴツした岩場になって、景色がおもしろくなる。

1時間弱なのだけれど、山道がバラエティに富んでいるので、
飽きずにおもしろい。

リベンジしたイワオ。
8年前は、治療中だったにもかかわらず、
山に登れたことで、自分の体に
ずいぶん自信をもてたことを思い出した。

いま、太は3クール目と向き合っている。
自分の体の力を信じること、
結局これに尽きるのではないか。

ニセコでの8年の月日をおもう。

R0017935_convert_20090912132128.jpg

R0017929_convert_20090912131544.jpg

2009/09/12(土) 12:09:44 | ニセコでの生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。