WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
「太一周忌によせて」
「太一周忌によせて」

雪どけを待っていた草花たちが、いっせいに姿を見せ始め、木々は芽吹き、
北海道にもやっと遅い春がやってきました。
一周忌となる4月30日、ニセコの友人たちが、「太くんの会」をひらいて下さり、
空が真っ青に澄み渡った青空の下、アンヌプリに登り、みんなで太を偲ぶことができました。
30人以上も集まってくださいました。
こうして今年もみんなと一緒に太のことを想えたことが、
とてもうれしかったです。
山頂には爽やかな風が吹き、目の前にはきれいな姿の羊蹄山があらわれて
「太も喜んでいるな。」って、思いました。
1年ぶりのスキーで、頂上まで登るのは、やっぱりとても苦しかったけれど、
頂上からみる景色は、本当に素晴らしかったです。
この景色を見せてくれた太に感謝だな、っておもいました。

そして、本当にいい日でした。

昨年の4月30日に太が旅立ってからのこの1年は、
本当に長く感じました。
泣いてばかりいて、現実が遠く感じるようで、
時間が過ぎ去るのをこんなに遅く感じたことはなかったです。
冬の間体調もすぐれず、太の病状が悪化していく去年のこの頃のことが、
毎日リアルに思い出されて、本当に苦しかったです。
私の中で、「今年の4月30日をとにかく越そう。」、と思っていました。
そしたら、すこし自分の中でも区切りのひとつがつくのではないか、と思って。

そんな風に過ごしてきた中での、この「太くんの会」でした。
アンヌプリの頂上で、風に吹かれて、みんなとこの日を過ごしたことで、
私の中でも、すこしだけなにかが変わったような気がします。

姿は見えなくなりましたが、太はきっと今もいるはず。
想えば、すぐに横にいてくれるようになっているとおもうので
それを信じて、泣いたり、笑ったり、旅したり、いい風景眺めたり、
これからも一緒にいこうとおもいます。

皆さんには、ずっと心配のかけどおしてすみませんでした。
すこしずつすすんでいきたいと思っていますので、
これからもゆっくり見守っていてください。
 

20120430_111_syuugou02.jpg

20120430_536_youtei.jpg

20120430_126_sheesa01.jpg

20120430_132_sheesa02.jpg


Designed by aykm.