WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「太極拳で教わったこと その2」
「頭じゃないよ、感じることだよ。」、
これは、太極拳の先生から何度も言われてきている言葉。

太極拳をしているとき、
今の状態(理性じゃないこと)を処理するには、頭じゃ足りない。
考えることじゃなくて、感じること。
頭で考えてやることには限りがある。

太極拳の意識は、身体全体に意識をもつ。
全部はひとつ。部分部分ではなくて。

そして、部屋全体に意識を拡げる。

表面の意識では足りない。
もっと深い意識をつかわなければならない。


人のくせというものは、
「これをしなきゃ、これをしなきゃ。」って
なんでも頭をつかおうとする。

無意識に、思考でなんでもコントロールしようとしていたか
、ということに気づいて、はっとした。

DSCN6162_01.jpg
スポンサーサイト
2013/11/11(月) 19:36:55 | 札幌での生活 | Trackback(-) | Comment(-)
「太極拳で教わったこと その1」
太極拳でマザーフォームという、4つの型を教わっている。
4つとも、シンプルだけれど、強い。

太極拳では、
いつも「身体とつながる」「身体が、地とつながる」、といったように、
つながるという繊細な感覚を常に意識し続ける。

私の太極拳の先生は、
アメリカ人で、
型について、毎回イメージをとおして、伝えてくれるので、
私には、すごくわかりやすい。

「ひろみさん、手の先から足まで「つながれているかな?」
ではなく、「つながる。つながろう。」、という風に
ちょっとだけ意識を変えてみようか」、
と先生に言われた。

「つながる、って思うと、
たとえ、ほんとはつながっていなかったとしても、
「つながる」って決めたら、
身体はつながろうという方向に、自然と向かっていってくれるんだよ。
意識が身体を変えてくんだよ。」

そして、
「身体ってとっても賢いんだよ。」って、先生は言った。

たしかに、
「つながれているかな?」、というとは、頭で考えていること。
そして、
頭より身体のほうが、思考より意識がはやい。
これは目からウロコだった。

私はいつも頭で、
「これは、できてるのかな?」とか
「これは、どうなんだろう?」とか、考えてばっかりいた。

でも、自分の頭(思考)ばかりを信じることよりも、
身体を信じてみる、とか
見えない無意識のエネルギーを信じてみる、
ということに、やっと気がつきはじめたところだ。


DSCN6949_01.jpg



2013/11/04(月) 13:56:41 | 札幌での生活 | Trackback(-) | Comment(-)
「おなかの中に太はいる?!」        
「おなかの中に太はいる?!」           

鳥取で看取り士をしている柴田久美子さんと、
太が亡くなったすぐあとに会う機会があった。

「太さんは、ひろみさんのおなかの中でだんだん落ち着いていくよ。」
と、柴田さんに、この言葉をかけてもらったときに、ふと思い出したことがあった。

子供がまだ1歳になる前に、
だんなさんが突然死をしてしまった友達がいるのだけれど、
その彼女から、以前こんな話を聞いたことがあったのだ。

夏に、3歳になった子供とアイスを食べているときに、
その子が突然
「おなかの中にいるお父さんが冷たいよ~!って言ってるよ。」、と言ったという話。

この話を柴田さんにしたところ、
「そうなのよね、子供っていうのは、なんでもわかっているのよね。」、と
さらりとおっしゃっていたけれど、

「亡くなった人って、おなかにいるの!?」、

とその後もずっと疑問を持ち続けている私がいる。


DSCN4361_01.jpg




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。