WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「ニセコローカルマガジンについて その3 ~九州・関西への旅」     2014.04.29
私は、この1998年の事故当時のことは、
太と再会する前のことなので、ほとんど知りません。

私たちは、20歳からの友達だったのですが、
太は20代後半で東京からニセコに移り住んだので、
久しぶりに再会したのは、裁判が終わった頃でした。
昔は、明るく笑ってばっかりいたのに、
雰囲気がずいぶん変わっていたので、びっくりしたこと覚えています。

太の人生において、この雪崩事故に遭ったことが、
どれほど大きなことであって、どれだけの想いをしたのか、
私には想像を絶し、とてもはかりしれないことです。

ただ、太がその後、
雪崩事故防止活動、雪崩調査所での活動に対して、
どれだけエネルギーをそそいで取り組んできていたのかは、
ずっとそばで見てきたので、太の想いは痛いほど感じていたつもりです。

太の背負ってきたものの重さを察し、
少しでも軽くなるように、と思いながら伴走してきたつもりでしたが、
その重さがとんでもなく重かったんだ、ということに、
太が病気になったことで、改めて気づました。

がんの原因が、この事故だったかどうかは、もちろんわかりませんが、
どれだけ自分を責めてきたんだろう、と胸が痛くなりました。

***

太が4月30日に亡くなってすぐ、
私は仕事の依頼をうけて、九州の宮崎と関西に撮影に行きました。

宮崎に着いた日に、ふと、雪崩事故で亡くなった方のお墓が、
関西から九州に移されたことを思い出しました。
太のかわりに、お墓参りをして、墓前で手をあわせたいという気持ちが
ぐっとあがってきました。
お墓の場所を伺おうと思い、友人のつてをたよりに、
亡くなられた方のご両親に電話をいれたところ、
その電話口での第一声が、
「石川さんは亡くなる前に、あの事故のことをなんと言っていましたか?
私たちは13回忌が終わった今もずっと彼を恨みつづけてきました。」、
という言葉でした。
私は、言葉を失いました。

翌日、お墓参りに伺った際に、お目にかかったのですが、
事故から10年以上たった今も悲しみの中にいらっしゃることが、
痛いほどわかりました。
子供を失う悲しみというものが、どれだけ深いものなのか、
想像を絶しました。
太を失くして3年たった今の自分のことを考えても、
家族をなくすこと、しかも子供をなくすという悲しさは
とてもつもないことなんだろうと思い、
ただただご冥福を祈ることしかそのときの私にはできませんでした。

そして、ご遺族にお会いし、その悲しみのあまりの深さから、
太の抱えていたものの重さを、
私は全然わかっていなかったことにも、
気がついて愕然としました。
太にもっとできることがあったんじゃないかと、
たまらない気持ちになりました。

その数日後、関西で、雪崩で一命をとりとめた方(女性)にも
お会いすることができました。
「お会いしないと!」、と、なぜか強く思ったのです。
初対面の私に、彼女は、
身体が雪の中で埋もれていた時の話、事故前後の話、裁判の話、
また、事故による精神的ダメージから立ち直るまでに費やした
長い年月の中でのプロセス等、
いろんな話を聞かせてくれました。
そのプロセスを経たことで、
今は、他人を癒す仕事につかれたことを伺い、
24歳で雪崩事故にあってから、本当に長い時間かかって、
ここまでこられたんだな、と思い、胸がじんとあつくなりました。

彼女が最後にぽつんと、
「石川さんが亡くなったって聞いて、
あの事故にあった4人のうち2人が亡くなったんだっていうことは、
いつまでも肉体があるわけじゃないんだ、っていうことを思ったんですよね。」、と、
つぶやかれた言葉がとても印象に残っています。

あの事故を境に、
それぞれの人生ががらりと変わってしまったこと改めて思いました。
事故をどうとらえ、どう背負いながら、それぞれが生きてきたのか。
私は、太の側からだけ今まで見てきていましたが、
それぞれの立場をほんの少しですがかいまみる機会をえて、
この事故の大きさを改めて知ることになりました。

    
そしてまた、これは全く別の側面ですが、
私は、太が旅立った直後に、お二方にお会いする機会を得て、
「一人になって、これからどう生きていくのか、
どういう生き方をするのか」、
という問いを、なげかけられたのかもしれない、と今になって思います。

太は、肉体がなくなってからも、今でも私にまだまだたくさんのことを
教え続けてくれているような気がしてなりません。
太らしいな、って気がします。

これは余談ですが、

関西から千歳への帰りの飛行機の中で、
ニセコの友達にばったり会いました。
その彼女は、雪崩事故で助かった方と親しい友達だったのです。
この偶然の出来事から、
太が亡くなった直後に入った九州と関西での仕事は、
きっと雪崩の旅だったんだろうな、
って確認したような気持ちになりました。
太は、とても気にかかっていたはずなので、
私の身体をつかって、この旅をしたかったんだろうな、って。

その後、雪崩事故で一命をとりとめた方と
時々メールをしあうようになっているのですが、
最近ご結婚され、赤ちゃんが生まれたということを聞きました。
その知らせをいただいたときに、本当にうれしく思い、
あの事故から15年の月日が流れたんだなあ、
と、とても感慨深くおもいました。

太は、この事故をとおして、たくさんのことを悩み、苦しみ、
向き合い、それゆえにその中から本当にたくさんのことを得て、
そして、全てをわかって旅立っていったように私には思えてなりません。
それほど、この事故は、太の人生にとって、
大きなものだったと思うのです。

3回目の命日を期に、
太の45年の人生が、この雪崩事故のことをなくして語れないと思い、
今後同じような事故がおきないことを切に願うと共に、
太の熱いスピリットが、
ニセコにすこしでも灯り続けていってくれることを願って、
思い切って書きました。

そして、このことを書くことにより、
私も太と一緒に過ごした人生から、
次の自分の人生に1歩ふみだそうと思えました。

最後になりますが、事故に関わる方々にとって、
とてもデリケートなことに触れた内容になってしまいましたが、
なにとぞお許しいただければ、と思います。


DSCN6982_01.jpg




 
スポンサーサイト
「ニセコローカルマガジンについて その2 ~ 氷点下の鼻水」 2014.04.27
以下は、ニセコローカルマガン vol.3の巻頭に書かれてある太の文章です。

***

「氷点下の鼻水」

シーズンに入ると
僕達は毎日のように積雪調査の為に山に入る。
特にその日危険率が高いと思われる斜面に
ロープ一本を頼りに降りていく

ポカポカ陽気で
昼寝をしたくなるような天候の日もあれば
目を開けていられないような吹雪のときもある
そんな時は
指先の感覚はなくなり
頬はこわばって口が回らなくなったりする。
いつナダレるかわからないようなコンディションの中
ふと隣の相棒の顔を見ると
寒さで硬直し、ホッペは真っ赤
半口開けて
鼻水たらして
なんともいえずだらしなく
ニヤケているように見える
きっと俺も同じ顔してるんだろうなあと思いつつ
鼻水をすする
「アホだな」と我ながら思う

「地味な作業ですね」
「‥地味だね」

結晶を見るために
金属製の黒いプレートに雪をそっとのせる
ルーペで覗く間もなく
あっという間に風に吹かれて雪は消えていく
またのせる‥
消えていく‥
そんな事を繰り返していると
「せつねぇなぁ‥‥」と思う

しびれる指でメモを取るのは困難を極める
苦労して取ったデータは
ミミズがのたくったような象形文字みたいだ

隣の相棒のメモを覗くと
やはりそこにも象形文字
「‥‥‥」

「帰りますか」
「うん」
「今日はヤバそうですね」
「ヤバそうだね」
「滑ったら落ちますかね」
「どうだろうねぇ~」
「分かりませんね」
「…うん」

調査中に突然 雪崩が起こることもある
今日は落ちるだろうというときに
落ちないこともある
調査をしているといろいろ勉強になることがあるけれど
一番の収穫は
ピットチェックだけじゃ分からないんだ
ということがわかったことかな


ニセコ雪崩調査所 調査員 石川太
ニセコローカルマガジン編集人 


R0020208_01.jpg
「ニセコローカルマガジンについて その1」     2014.04.26
4月30日、もうすぐ太の3回目の命日がやってきます。

雪がとけ、ふきのとうが、顔をだしはじめ、
桜が咲くにはまだすこし間がある今時期は、...
太が旅立つ前の、とても濃い毎日を過ごしていたことが思い出されて、
胸がきゅっと切なくなります。

そんなつい先日のこと、太の大事な友人の遠藤君のフェイスブックに、
「ニセコローカルマガジン」のTシャツの写真があがっていました。

この写真を見た瞬間に、じんと熱いものがこみあげてきて、
たまらなく懐かしい気持ちになりました。

というのは、このTシャツは、太が、雪崩事故防止活動の一環で、
「ニセコローカルマガジン」という雑誌を創刊したときに、
それにあわせて、無地のTシャツに、アイロンプリントで、
一枚一枚手作りで、作ったものだったからです。

本棚から「ニセコローカルマガジン」をひっぱりだして
久しぶりに読み直してみました。

太が、どれだけたくさんの時間とエネルギーを費やして、
この「ニセコローカルマガジン」を作ってきていたか、
当時の記憶が、一気によみがえってきました。

雪崩事故に遭われた方への想い、
ニセコのスノーボーダーやスキーヤーの大事な仲間たちに向けての想い、
太がありったけの想いを込めつくったものだったと思います。

◎以下は、NO1に書かれてあった「刊行にあたって」の太の文章です。

「刊行にあたって」

1998年1月28日、ニセコヒラフスキー場に隣接する
「通称 春の滝」に於いて、スノーシューツアー中のパーティ4名
(ガイド2名、参加者2名)が雪崩に巻き込まれ、一人が死亡、
二人が重軽傷を負うという事故が起こりました。
当時ガイドをしていた、私 石川太は業務上過失致死罪で、
禁固8ヶ月執行猶予3年の判決を受けました。
裁判的には決着がつきましたものの
ガイドの判断ミスにより失われた尊い命は取り戻すことができません。
そのことにより受けた多くの人々の深い悲しみもまだ癒されずにいます。
私たちは二度と同じような過ちを起こさないため、
あの事故から得た教訓をニセコの雪崩事故防止活動に役立てたいと思い、
この度ニセコローカルマガジンを刊行することにいたしました。
「春の滝事件」以来、ニセコ、ヒラフスキー場周辺におきまして合計4件
(ヒラフスキー場周辺3件、一人が死亡、一人が重体。アンヌプリスキー場周辺1件、無事救出)の
の雪崩事故が発生しております。
今後、昨今のバックカントリースキー、スノーボード人気により
雪崩事故が増える傾向にあります。
ニセコ町から出されている「ニセコ雪崩情報」によりますと、
ニセコで過去に起きた雪崩事故のほとんどは、同じようなコンディション
(強風、吹雪の最中かその直後)のときに、同じような地形的条件
(風下側吹き溜まり斜面、雪屁周辺)で起きているということです。
私たちはこの事実を、スキーヤーやスノーボーダーは勿論のこと、
冬のニセコに携わる一人でも多くの人々に知ってもらうことが
雪崩事故を減らす具体的な方法だと考えています。
ニセコは世界中から人々を呼び寄せる素晴らしいパウダースノーを
楽しむ環境があります。
しかし、それらを楽しむ上で決して避けることができないリスクが
付きまとうことも事実です。
そのリスクを少しでも減らす努力をすることは
パウダーを滑る人全員に課せられた義務ではないでしょうか。
「大切な人を雪崩で失わないために」
「いつまでも素晴らしいパウダーライフを送るために」
どうぞご協力をお願いいたします

1988年1月28日に起きました「春の滝雪崩事件」のさい、
多くの方に多大なるご迷惑々をお掛け致しましたことをお詫び申し上げます。

ニセコローカルマガジン 石川太


DSCN7376_72.jpg

10276520_554828851297691_1171752057_n_01.jpg

DSCN7380_72.jpg
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。