WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「できるまでやるんだから、できるでしょ。」
3月17日は、太の誕生日だった。
45歳でとまっているけど、生きていれば、50歳。

朝から、
以前のブログをせっせとプリントアウトしはじめていて、
途中で、ふと、
「あれ、今日なんにちだっけ?」、とおもい、

カレンダーを見ると、17日。

「タハー。だから、か・・・」
こうやって、太に動かされる。(か、どうかわからないけど)

それにしても、
「もうすぐ、17日だなあ。」なんて、数日前まで思ってたのに、
その日になったら、すっかり忘れてるのは、私らしい。

そして、
「ケーキ買うより、洗車するほうが喜ぶな。」
、と思って、太号の洗車に向かった。

太が初めて新車で買った車。
しょっちゅうしょっちゅう丁寧に丁寧に洗車をしていた。
でも、持ち主が私になってからは、かなり時々。

雪解けの洪水で、車はずいぶん汚れていたので、
終わった後は、太号もさっぱりして喜んでいたもよう。
もちろん、太も。

夜になって、ドームハウスを一緒に作ってくれたハル君から、
「太さん、おめでとう。」、と電話が入った。
久しぶりのハル君の懐かしい関西弁。

毎年、忘れずに3月17日には、「おめでとうメール」をくれるのが、
今年は電話だった。

数年分の近況報告。
ハル君は、三児の父になっていて、
一昨年長野で自分の家を、一人で建てたそう。

「一昨年ほど、毎日太さんといたことなかったですよ。」

「ハルイ、それでいいんか?」、って何度も言ってくるんですよ。って。

太は、私のところだけじゃなくて、
みんなのところを、あちこちパトロールして忙しそう。

ハル君と、
「太らしいよね。」、と笑う。

太は、もしかしたら、
私たちみたいに、肉体をもった同士のやりとりじゃなくて、
人より一歩リードしたやり方(こちらは肉体もち、あちらは肉体なし)を、
やってみたいって、もしかして思ったんじゃないかな。

そして、私たちが、いつか向こうの世界に行ったときには、
得意になって、案内してくれそうな気がする。

それから、
ハル君が、
初めて、太と会ったときに交わした言葉を聞かせてくれた。

ちょうど太がドームハウスを建て始めた頃で、

ハル君 「ほんとにドームハウスなんてできるんですか?」、と尋ねたら、

太    「できるまでやるんだから、できるでしょ。」、と答えたそう。

太らしい!(笑)、と思ったけど、
でも言われてみれば、

これは、自分の中にも、インプットしておきたいフレーズだと思った。

たしかに、やると決めたら、
できるまでやってみようとするだろうから、
そしたら、最後には、できてる、ってことになるんだよね。

ハル君と太の話を久しぶりにしたら、
涙がでたり、思いっきり笑ったり。

そうしてるうちに、私の長い長い喪があけてきた気がした。

いや、そう決めた。

そして、ハル君に、

「あけましておめでとう。」って、挨拶した。

DSC_8177_ss.jpg
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。