WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
かっこちゃんのメルマガ
かっこちゃんこと山元加津子さんのメルマガ
「宮ぷー こころの架橋プロジェクト」に
太の日記の一部が載りました。
かっこちゃんは、石川県の特別支援学校の傍ら、
講演活動や作家活動をされていている方です。
私がかっこちゃんを知ったのは、
ニセコの友達のケンとミウラから誘われて、
「1/4の奇跡」というかっこちゃんが出演している
ドキュメンタリー映画を太と4人で見たことが、
きっかけでした。
縁がつながり、かっこちゃんは
私と太にとってとても大事な友達になりました。
かっこちゃんが伝えてくれることには、
大切なことがいつもいっぱいつまっています。
〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
第2870号 宮ぷー こころの架橋ぷろじぇくと  
                   2017年6月15日現在 参加者人数6297人
      
このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。

http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
大阪のくにちゃんからいただいた自然栽培の甘夏の種を植木鉢に蒔きました。ニュー
ヨークのせんこちゃんのお台所のレモンの鉢がとても見事になっていて、せんこちゃ
んは「たべた果実の種はみんな植えるの」と言っていたことを思い出して、蒔いたの
です。毎朝のぞいていて、一月経って、北海道から帰って来たら、芽が出ていました。
なんて可愛い芽。うれしいです。上野のパンダのあかちゃんも生まれて、一緒に大き
くなあれと思います。
宮ぷーの家の庭の草が大変なことになっています。もう草ぼうぼう。これまではわた
しもときどき早く来て、草取りをしたりしていたのですが、今年はバリ島へ行ったり、
ニューヨークへ行ったりしているあいだにも、どんどん伸びて、もう大変なことにな
りました。
それで、昨日は、お友達がたくさん来てくださって、草刈りをしました。育てるみか
んと、刈ってしまう草。本当は草にもいっぱい虫が住んでいて、素敵な世界がそこに
はあるのだけど、堪忍してくださいね。

わたしがひっそりと、何度も何度も昔へ遡っては読んでいるブログがあります。
北海道のひろみちゃんの日記。亡くなられた太くんのことが書かれてあります。
WINDVANE
http://hiromiwindvane.blog116.fc2.com
ひろみちゃんがメールをくださいました。
(メールここから)・・・・
かっこちゃん
先日は元気なかっこちゃんに会えて本当に嬉しかった。
かっこちゃんの顔見た瞬間、
私もグッと想いがこみ上げてきちゃってたよ。
去年よりなにか吹っ切れた感じがして、頼もしく感じたな。
指談もできる人が増えてきてるのは素晴らしいね。
時代が後からきっとついてくるよ。
ニューヨークでの不思議な体験も、さもありなん!
少し前に、太の日記がでてきたの。
亡くなった後一度は読んでたとは思うんだけど、
なんだか胸に響いたので送るね。
早くまた会いたいなあ笑
-- ---- 
「太の日記から」
色々な人たちが気遣ってくれているということを知るだけで、
確実に良い力をもらえている事は間違いない。
これは全く科学的に立証されないのかもしれないけれど確かにある。
「奇跡のりんご」という本を病室で読んだ。
その中の一節。
無農薬でりんごを作るという大それたことを目指しているおじさんの
りんごの木は毎年毎年虫に喰われて葉っぱがほとんどなくなってしまうような状態で、
りんごなんて一つもならない年を何年も過ごしていた。
おじさんはあきらめなかった。
虫取りが終わる夕方におじさんは一本一本のりんごの木にまるで人に話しかけるよう
に話していたらしい。内容は、ひどい状態にしてしまった事を一本一本に謝っていた
という。
はたから見れば気でもふれたようにしか見えないので、さすがのおじさんも隣の畑と
の境にあるりんごの木にだけは話しかけるのをしなかったらしい。
そして、話しかけていた木たちはその後何年もかけて元気を回復したけれど、
声をかけなかった木たちは見事に全滅してしまったらしい。
りんごの木に起きていることが普段から人々のなかにも起きている。
今まで気づかなかったけど、病気になってからは実感できる。
りんごの木に起きたことが今俺に起きている。
身体の中に必ず変化を生んでいると思う。
気にかけてもらえるということは、
必要とされていること。
それが生きる力を生んでいるということ。
今まで気づかなかった。実感できなかった。失敗した。たくさん失敗してるけど、本
当に失敗した。
ゴンさんという友達がいた。
交通事故で植物状態になってしまった。
14、5年その状態が続いた。その後逝った。
俺は一度も会いにいくことはなかった。
積極的に気遣うことをしなかった。するべきだった。
失敗した。わからなかった。
こんな重要な事だなんて、こんなに効果的な事だなんて全くわかってなかった。
俺は人とそういう付き合いしかしてこなかった。
・・・・
気にかける、思いやるというのは、
その人を元気にすることだ。
その人を楽しくすることだ。
その人は幸せになるんだ。
これは重要なことだ。
手紙でも電話でもメールでもなんでもいいね。
話しかけられなかったリンゴの木は、根が弱ったり、腐ったり、
いろんな病気になったりして死んでしまった。
きっと木たちもおじさんに話しかけていたのかもしれない。
助けを求めていたのかもしれない。
俺が何故人に対してそうなのかということは考えるのはやめよう。
それよりも変わる手立てを考えよう。
何故俺が病気になったのかということは、
何故人は病気になるのかというところに行き着いた。
(メールここまで)・・・・
ブログを読んでいても、今日日記を読ませていただいても、優しい太さんの気持ちが
心の中にふんわりとずっといてくれるような気がします。人はいつか亡くなってしま
うけど、でも、亡くなってそこで命は決して終わりではないといつも思います。きっ
と太さんがおっしゃるように、たくさんの方のことをお空で想ってくださっているに
違いありません。命に心を寄せてくださっていることでしょう。
かつこ
~~~~~~~~~~~~~~
プロジェクトのページ(こちらでメルマガ登録=プロジェクト参加できます)
http://www.mag2.com/m/0001012961.html
携帯からは空メールを送れば登録できます。a0001012961@mobile.mag2.com
このメルマガは脳幹出血で倒れ、これまでの医学の常識では再起不能と思われていた
宮ぷーの病院での毎日を、親友の山元加津子が綴った日記からその一部を配信してい
ます。宮ぷーの願いは自分の経験を通して意思伝達装置のこと、リハビリのやり方を
工夫することで回復していくことをみんなにお知らせすること。その願いの実現に近
づくようにこのメルマガを広めることにお力を貸して下さい。お友達に転送お願いし
ます。詳しいことは、こちらのページをお読みください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html
(関連ページ)
宮ぷー レッツチャットで、今日もおはなし http://ameblo.jp/miyapu-ohanashi/
おはなしだいすき http://ohanashi-daisuki.com/
白雪姫プロジェクト http://shirayukihime-project.net/
~~~~~~~~~~~~~~


R0017630.jpg
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。