FC2ブログ

WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
引越しの記録 その1 
荷造りのときはあまりに大変すぎて、
とてもブログを書く余裕はなかったけれど、
ニセコから札幌への引越しは、
とても大きな出来事だったから
記憶が古くならないうちに書き留めておきたいと思った。

太の治療で、家をあけることが多くなってきて、
除雪が大変なニセコに住むことが大変になってきた。
住み慣れたニセコで除雪をしなくていい家を探したけれど、
全然見つからず、
本格的な雪のシーズンの前には、
とにかくどうにかしなければいけない。

ニセコで家を見つけるのはとっても大変なことなのだ。

そんなときに、
病院に近い「札幌」という選択肢が、ふたりの間に浮上。

「それもいいかもね」、「よし、そうしよう!」、

と、決めたら、

本当に、
あれよあれよ、
というまに家が見つかり、
あれよあれよ、
というまに引越し準備が始まり、
あれよあれよ、
というまに引越しが終わった。

この間1ヶ月かかっていない。

これって本当にすごいことだとおもう。
だって、多分ただの引越しじゃない。
太がニセコに移り住んで以来17年近くたまりにたまった荷物に、
太の作業道具やら、物置までたんまりあったからだ。

「あれよあれよ」、と書いたものの、
たしかに時間的には「あれよあれよ」、だったのだけれど、
過ごした中身は、
ものすごい濃さだった。

太が入院している中で、
私ひとりでの引越ししなきゃいけないんだ、
と思ったら、かなり憂鬱になってきた。

アトピー、アレルギー性鼻炎、、喘息と
3拍子そろった筋金入りのアレルギー体質で、
とにかく、ホコリに弱いからだ。

案の定、
荷造りをし始めたとたん、喘息の発作がでた。
発作を抑える「メプチン」もどんどん利かなくなり、
とうとう点滴をすることになった。

でも、
救いの神は、
まわりにたくさんいたのだった。(涙)

つづく...

11月のまわりの風景は、
こんな感じからこんな感じに

RIMG0387_風景

RIMG0327_風景02
2010/12/12(日) 08:00:44 | ニセコでの生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.