FC2ブログ

WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
引越しの記録その4
札幌への引越し当日
小雨が降る中、やさしい男衆が7人も手伝いにきてくれた!

ケンに、家具職人の市松さんに、同じく木工房を営む野坂さん。
ゲンテンライダーのけんちゃんにパウダーカンパニーのおうむ君
そして、飛び入りで斎藤君まできてくれた!
札幌についたら、ヒロシさんも待っていてくれていた。

頼もしい男衆たちで、
積み込み30分、荷おろし30分。
あっという間に終わってしまった。

そして、
サーファーけんちゃんのハイエースにも驚いた。
もしかして1台でいけちゃう?と思えるほどたくさん入る。

おうむ君が、
「せっかくトモキ君のハイエース借りてきたんだから使ってよね。」
っていう位。

結局2台にはなったのだけれど、
ハイエースってすごい。

途中トイレ休憩で、ふと見ると山に虹がかかっていた。
出航を祝ってくれてるのかなあ?
って気持ちになった。
たぶんいい船出のはず。

そうそう、
円山のマンションについてすぐ、
エレベーターで一緒になったおばさんが、
「引越してきたの?」
というので、
「はい、よろしくお願いします。」
と答えると、
「ここは、すきま風があって、寒いのよ~。夏は窓あけると環状線が走ってるからうるさくて。」
、と言った。

うっ、いきなりこんなの聞くのか。。。
気持ちがぐっと暗くなってしまった。

そう聞くと、
寒さは大丈夫なのかなあ??
、って不安になった。

さっそく男衆7人におばさんから聞いたことを伝えると、
みんな一斉に
「ここは。樺山よりは何倍もあったかいでしょ。」
、とあっさり言われた。

そうだ、たしかに
ふつうに住んでる人からしたら
多少寒さが気になるのかもしれない。

でも、
樺山マッチ箱ハウス(小さいってこと)は、
すきま風だらけ(たまにガラス割れてる)ような
山小屋みたいな家だったから
それに比べたら、
ここはたしかに天と地の差で、
びっくりするほどあったかかった。

それはさておき、
怒涛の引越しは、こうしてフィニッシュを迎えたのだった。
めでたし、めでたし。

、と思ったけど、
荷解きも
大変なんだってことに後からきづいた~。



RIMG0365_荷物の山

RIMG0428_引越し風景01

RIMG0442_ kenncyann

RIMG0447_樺山6人

RIMG0455_虹


RIMG0460_円山7人

2010/12/13(月) 20:47:15 | ニセコでの生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.