WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
いったいどれだけ本当のコミュニケーションをしてきたのか
4/1~3まで、抗がん剤を投与した。
今回のクールから、また若干違った薬の投与となった。

今までなら、熱がでていても、
抗がん剤を投与すると熱が下がっていたが、
今回は、熱がぜんぜん下がらない。

熱が出続けているので、
熱で体力もものすごくとられてしまっている。
太はほとんど寝ていて、
つらさに耐えている。

解熱剤を1日に何度か使っていて、
熱が下がったときだけ、すこしだけ会話ができる。
そして、すこしだけ食べ物を口にする。

病院食はまったく口にしないのだけど、
私が病室で、食事をしていると
そそられるらしく、
私が毎日持っていくルッコラなど入ったベビーリーフのサラダや
おいしいパンとか、
なにかしら外のものは口にするのだ。
身体は野菜も欲しているようだ。
すっぱいほうがいい、というので、酸味の強いドレッシングを作ってもっていく。

話せる時間がとても短くなってきているので、
太の感情表現がずいぶん変わってきているようにおもう。
シンプルになってきている。

具合がよければ、気を遣って話すこともできるけれど、
今は言葉を発するのもがんばってしなければならないので、
本当に必要なことだけ話すようになってきている。

太は、
「これからは、大事なことだけしか話さないんだ。」、と言う。

そして、最近の太は、
私や仲のいい友達に対して、
とてもシンプルに言葉を伝えてきている。

こういう太を見て、
私もはっとする。

今まで送ってきた生活の中で、
いったいどれだけ本当のコミュニケーションをしてきたのか、
ということを。

DSC_7944_tori.jpg
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。