WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
そして、今日も
このブログは病院の人は知らないので、書いちゃってますが、

実は、今日も、ミミー看護婦をバッグにしのばせて、

ひろみ父母と、太の病室に向かいました。(挙動不審の3人組)

病院の皆様、本当にごめんなさい。

私たちが病室へ入っていくと、太はなんと起き上がっていた。

「ほんのさっきまで寝ていて、今起き上がったとこだった。」、と言葉も発している。

すごい、起きた!!しかも、しゃべってる!!

「おー、ならば、バッグから出しましょう」、と看護師ミミー登場させる!

ぴょんぴょんと太の胸の中に飛び込んだ。

そして、しばしのラブタイム。


私は、病室の外で、携帯を打つふりをしながら、看護師さんの見張りをしていた。

そこへ、担当の看護師さんがいきなりやってきて、止める間もなく部屋の中へ。

私は、「看護師さんきたよ!」のサインのノックをするので精一杯だった。

そして、その音を聞いて、

「ワン」、と布団の中で元気よくほえてしまったミミー。

万事休す。。。

ところが、看護師さん、間違いなく声を聞いて、わかったはずなのに、

何も言わす、外へ出て行った。

「聞こえたよね。」

「うん。。」、

「もうこれ以上はいれないから、ミミーを連れて先に帰るわ」、とひろみ父。


太は、今回の抗がん剤の山は越したようで、

昨日よりずいぶん楽そうになっていた。

ひろみ母が、「食べてみる?」、ともっていたブドウ糖を太に差し出すと、

ぱくっと口にいれた。

「あれ?口にいれて大丈夫なら、杏仁豆腐も食べてみる?」、というと、

ゆっくり食べた。バナナも一切れ食べた。

看護師さんが途中やってきて、

「石川さんが食べてるとこの見るの久しぶり。うれしい!」、と言った。

ほんと、ほんと。口から食べるのは何日ぶりだろうか。

そして、私と母と太としばらくおしゃべりを何時間もできた。

母が、「私たちが来た時より手のむくみがへってきたよ。昨日より顔のむくみもなくなったよ。」、と。

楽しいと、血の巡りもよくなるのかも。

人の身体ってわからない、と思った今日だった。


ミミー効果?ひろみ父母効果? りかちゃんやみんなのお祈り効果?

全部効いてるみたい!

みんな、どうもありがとう!!!

RIMG0005_太とミミー横




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。