WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
りんご畑でヌード撮影 その4
126枚の写真に、音楽をつけ、映写機で投影して、スライドショーをした。
ぎゅっと同じ世界観のものだけに写真も絞った。
音楽はSちゃんが選んでくれた、
ビョークと椎名林檎とグレゴリオ聖歌。
音と映像とすごくあっていた。

そして、
とても好評だった。

****

今回は、私の中では、
ぜんぶ今までしてないことばっかり。

ヌード、
しかもまだ知り合ったばっかりの人を撮るとか、
デジタルとか、
ミニスライドショーして撮ってすぐ見せる、とか。


撮っていく中で、Sちゃんとの距離がぐっと近づいていったのを感じた。

最後の最後で、
Sちゃんの姿や顔が、神々しく見えてきて、
「観音様みたいだ。」って思いながらと撮ったのだれど、
ほんとうに美しい姿だった。

たぶん本当にそういうのが撮れたとおもう。

撮影が二日になったのは、ここに行き着くためだったのか、って思えた。


何がうまれるかわからないっていうのが、
人とのセッションのおもしろさだったな、ってひさしぶりの感覚を思い出した。

「アメニアル」のときにも思ったのだけれど、
あそこのリンゴ畑にいると真昼の見える銀河系みたいに思えてきて、
不思議な感覚になる。
リンゴに自分も同化してしまうような。
俯瞰してみる感覚になるような。

そして、
今回Sちゃんをそこにいれることによって、
生々しい生の象徴の赤いリンゴの中で、
死を想い、胎児の中に生を想い、そして、観音様に行きついた。


私は太が亡くなってから、
ずっと考え続けてて、
本当にまだ自分の腑にはおちてまではいないけれど、

「魂は永遠なんだ。」って信じてる。
そして、それを確信したいと思ってる。

私がこれから撮っていく旅は、そういうことになっていくような気がした。

002_01.jpg

2012/10/28(日) 23:47:16 | 写真 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。