WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「太 三回忌」

4月30日、おかげさまで太の3回忌を無事に終わらせることができました。

ニセコはまだまだ冬のようで、あいにくの悪天候。
雪や雨がちらつき、頂上付近は白いもやが出て、
ピークまで登ることはできませんでしたが、
途中の見晴らしまでいくことができました。
しかし、ここまでも、板をかついで、すこしハイクアップ。
途中から板をかついでもらったのですが、それでも息はあがってしまいました。。

私は、1年に1度だけこの日にスキーをすることになるのですが、
今の体力では、ピークまで板をかついで30分登るのは、かなり厳しい!
だから、
太がこの天気にしてくれたのかな?(笑)って気がしました。

それはともかく、太の大事な仲間たちと、
今年の命日も一緒に山に登ることができたのは、
とても感慨深かったです。

太が亡くなってちょうど2年がたちました。
ニセコに行くと、太と過ごした時間がより強く思い出されます。

2年という月日が長いのか、短いのかはわかりません。
ただ、時間というものは、確実に過ぎていくんだなあ、
ということをおもいます。

札幌の家の窓から見える円山も、
つい最近まで雪で覆われていたのが、一気にとけました。
桜もきっとあともうすこし。

こうして自然をみていくと、
「変わらないものは何もない」、ということを痛いほど感じます。

そして、太がいなくなってからのこの2年は、
「横に太はもういないんだ。」、ということ、
だんだんと受け入れるために必要な時間だったようにも思います。

そして、こうして3回忌を太の仲間たちと一緒にまた山に登れたということは、
私にとってもまたひとつの節目になったように思います。

太の素晴らしい仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にどうもありがとうございました。

On April 30, FUTOSHI died, and just two years passed.
I climbed the mountains of Niseko with friends of FUTOSHI this year.
I still boiled Niseko a thing of winter, and it was not fine. Unfortunately I was not able to climb us to the top, but was able to go halfway.
I was very glad of important friends of FUTOSHI and the thing which were able to climb the mountain together on an anniversary of a death of this year
FUTOSHI died, and just two years passed.
When I go to Niseko, FUTOSHI and the time that I spent are more strongly remembered.
For me, I do not know whether I am short whether the time called two years is long.
I think that the time passes surely some other time.
It was snowy just until recently, and Maruyama to see from the window of the house of Sapporo was able to dissolve what was covered at a stretch. I think that there is few more that a cherry tree blooms.
I feel, "there is no thing which does not change" in this way when I watch nature.

And I think, but but I think that nothing changes by oneself as having been at time necessary to gradually accept that FUTOSHI is not already beside me for these two years.
And it thinks that it was for me again at one turning point that I was able to climb the mountain with friends of FUTOSHI again on his anniversary of a death.

I am full of the feelings of thanks for splendid friends of FUTOSHI.
Really thank you very much.

DSCN0207_01.jpg
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。