FC2ブログ

WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
やぎや
琵琶法師の伊藤さんお友達のお店になっちゃんと行ってきた。やぎや さんという札幌の外れの山の中にあるお店。やぎを飼っていてチーズを作っているお店、と伊藤さんからきいた時点で、これはきっといいところにちがいない、とは思っていたが、これは想像以上のところだった。ヤギがいる、ウサギがいる、ネコがいる、リャマがいる!!、ツリーハウスもある!!しかも、今日はサクラも満開、えぞえんごさくが一面にはえて青いじゅうたんという、春の最高の景色。あまりになにもかもが素敵で、興奮さめやらず。

長い時間手間ひまかけて、建物を手入れし、山を手入れし、作物を育て、動物を飼い、お店をして、まさに農的暮らしを実践されている。現代の生活は、生活するための時間はどんどん便利なものやことの出現で短縮されているけれど、暮らすって実はとっても時間のかかることなんだ、ということに気づかされる。田舎暮らしをしていると余計におもうのである。

昨日のランチは、あずきなと自家製ベーコンのスープに、山羊乳酵母、薪窯焼きの手作りパンの上にレタスとヤギのチーズがころころとのったオープンサンド。ここで作られたものばかり、とわかるからから、「いただきます」という言葉も「いたいのちをいただく」ってことなんだよな、なんて思い出して、もったいなくて一口、一口ゆっくりゆっくり味わった。






やぎや
2008/04/27(日) 23:25:53 | 食べもの | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.