WINDVANE

日々思ったこと、感じたことをつれづれなるままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「太くんの会」
「太くんの会」

4月30日は、太の5回目の命日でした。
そして、
おかげさまで昨日無事にニセコで
「太くんの会」を終えることができました。

前日までの悪天候から一転し、
天気にも、雪にも恵まれ、
山も、山を下りてからのバーベキューも
美味しく、楽しく、

すべてパーフェクト!

太は
みんなの最高の滑りを、
たき火を囲む暖かいひとときを、
にっこにこの笑顔で、
一緒に喜んでいたんだろうな、と思いました。

とってもいい日でした。

シーサー、桑ちん、
準備やみんなへの連絡、おうちの開放、
なにからなにまで、
今年もどうもありがとうございました。

ジェット君、
ニセコ生ビールの差し入れどうもありがとうございました。
めちゃくちゃみんな喜んでいました!

いらしてくださった皆さん、
本当にどうもありがとうございました!!
来年も4月30日~5月頭にやりますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

DSCN8894_ss.jpg



April 30 was the fifth anniversary of the death of FUTOSHI of my husband.
And friends of FUTOSHI climbed the mountain yesterday in Niseko.




「できるまでやるんだから、できるでしょ。」
3月17日は、太の誕生日だった。
45歳でとまっているけど、生きていれば、50歳。

朝から、
以前のブログをせっせとプリントアウトしはじめていて、
途中で、ふと、
「あれ、今日なんにちだっけ?」、とおもい、

カレンダーを見ると、17日。

「タハー。だから、か・・・」
こうやって、太に動かされる。(か、どうかわからないけど)

それにしても、
「もうすぐ、17日だなあ。」なんて、数日前まで思ってたのに、
その日になったら、すっかり忘れてるのは、私らしい。

そして、
「ケーキ買うより、洗車するほうが喜ぶな。」
、と思って、太号の洗車に向かった。

太が初めて新車で買った車。
しょっちゅうしょっちゅう丁寧に丁寧に洗車をしていた。
でも、持ち主が私になってからは、かなり時々。

雪解けの洪水で、車はずいぶん汚れていたので、
終わった後は、太号もさっぱりして喜んでいたもよう。
もちろん、太も。

夜になって、ドームハウスを一緒に作ってくれたハル君から、
「太さん、おめでとう。」、と電話が入った。
久しぶりのハル君の懐かしい関西弁。

毎年、忘れずに3月17日には、「おめでとうメール」をくれるのが、
今年は電話だった。

数年分の近況報告。
ハル君は、三児の父になっていて、
一昨年長野で自分の家を、一人で建てたそう。

「一昨年ほど、毎日太さんといたことなかったですよ。」

「ハルイ、それでいいんか?」、って何度も言ってくるんですよ。って。

太は、私のところだけじゃなくて、
みんなのところを、あちこちパトロールして忙しそう。

ハル君と、
「太らしいよね。」、と笑う。

太は、もしかしたら、
私たちみたいに、肉体をもった同士のやりとりじゃなくて、
人より一歩リードしたやり方(こちらは肉体もち、あちらは肉体なし)を、
やってみたいって、もしかして思ったんじゃないかな。

そして、私たちが、いつか向こうの世界に行ったときには、
得意になって、案内してくれそうな気がする。

それから、
ハル君が、
初めて、太と会ったときに交わした言葉を聞かせてくれた。

ちょうど太がドームハウスを建て始めた頃で、

ハル君 「ほんとにドームハウスなんてできるんですか?」、と尋ねたら、

太    「できるまでやるんだから、できるでしょ。」、と答えたそう。

太らしい!(笑)、と思ったけど、
でも言われてみれば、

これは、自分の中にも、インプットしておきたいフレーズだと思った。

たしかに、やると決めたら、
できるまでやってみようとするだろうから、
そしたら、最後には、できてる、ってことになるんだよね。

ハル君と太の話を久しぶりにしたら、
涙がでたり、思いっきり笑ったり。

そうしてるうちに、私の長い長い喪があけてきた気がした。

いや、そう決めた。

そして、ハル君に、

「あけましておめでとう。」って、挨拶した。

DSC_8177_ss.jpg
☆ Merry Christmas 2015 ☆
☆ Merry Christmas 2015 ☆
These are photographs in Serbia of the hometown of my heart.

セルビアでの一コマ。
おばあさんが、
キリストが生まれたときの人形を
大事そうに見せてくれた。
おばあさんもおじいさんも、とってもいい顔をしていた。

DSC_7451_ss.jpg

DSC_7386_ss.jpg

DSC_7427_ss.jpg

DSC_7901_ss.jpg

DSC_7893_ss.jpg

DSC_7895_ss.jpg

DSC_7958_ss.jpg
2015/12/25(金) 22:38:01 | 札幌での生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Merry Christmas 2016 !!!
Merry Christmas !!!

セルビアを旅している時、
道を聞いた女の子の手に、
ふと目を向けると
そこには、なんと愛の文字がこんなにいっぱい!

When I take a trip to Serbia,
I lost my way and asked a girl a course.
A letter of the love was written to the pick of the girl.

RIMG0508_ss.jpg

2015/12/24(木) 21:33:16 | 札幌での生活 | Trackback(-) | Comment(-)
両親の金婚式
_20151122_141926.jpg

2015/11/09(月) 18:23:04 | 札幌での生活 | Trackback(-) | Comment(-)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。